オートバックス ロゴ 会社概要|株式会社バッファロー|埼玉エリアのオートバックス ロゴ 会社概要|株式会社バッファロー|埼玉エリアのオートバックス

company

トータルカーライフサポート

当社は、車を愛する多くの利用者の皆様のニーズにいかにお応えできるかを最大のテーマに掲げ、
お客様一人ひとりのライフスタイルに沿ったカーライフ創りをお手伝いする、
"トータルカーライフサポート"を事業のコンセプトとしています。

タイヤやカーナビなど、豊富な品揃えによるカー用品の販売はもとより、
中古車・新車の車輌販売から買取り、ピットでは車検や板金など一般整備をはじめ、
車内でのハイクオリティな音響空間を演出するカーオーディオカスタマイズサービス、
またエンジン性能や走行性能に関するチューンナップサービスなど、
お客様のニーズに合わせた各種オリジナルカスタマイズサービスを各種取り揃え、
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

もっと豊かなカーライフを提供したい、これが私たちの果てしない思いであり、
よりクオリティの高いサービスを目指し、挑戦し続けてまいります。

トータルカーライフサポート イメージ

会社概要

商号
株式会社バッファロー
設立
昭和58年4月
本社所在地
〒332-0012 埼玉県川口市本町四丁目1番8号 川口センタービル9F
TEL:048(227)8860
事業内容
オートバックスのフランチャイジーとして店舗展開、
カー用品販売及び取り付け、車検・整備、板金など各種サービス、
新車・中古車の販売および買取り
資本金
5億5,549万円
発行済株式総数
2,163,833株
決算期
毎年3月31日
社員数
233名
売上高
8,717百万円(平成30年3月期)
上場証券取引所
東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード)
証券コード:3352
営業所
埼玉県:12店舗、東京都:3店舗
役員
代表取締役社長
坂本 裕二
取締役
日下部 直喜
取締役
町田 明
取締役
牧野 博章
取締役(監査等委員)
藤田 俊介
取締役(監査等委員)
井手 秀博
取締役(監査等委員)
山口 乾

(平成30年3月末現在。役員構成のみ、平成30年6月19日現在)

アクセス

沿革

昭和58年 4月
バッファローオートパーツ株式会社(現、当社)を設立し、本店を埼玉県川口市に置く。
10月
株式会社オートバックスセブンとフランチャイズ契約を締結し、埼玉県川口市にオートバックス川口店を開設。
昭和63年 9月
東京都板橋区にオートバックス環七板橋店を開設。
平成3年 3月
埼玉県戸田市にオートバックス戸田店を開設。
平成5年 6月
埼玉県浦和市にオートバックス東浦和店を開設。
平成6年 10月
埼玉県浦和市にオートバックス北浦和店を開設。
平成13年 4月
戸田店を大型店として移転新築し、広域商圏型で車にまつわる豊富な商品・サービスを目的としたスーパーオートバックスTODAを開設。
平成14年 10月
中古の自動車用品の買取および販売を行うためのUパーツ事業部を発足させると共に、埼玉県上尾市にオートバックス走り屋天国セコハン市場上尾店を開設。
平成15年 4月
株式会社オートバックスさいたま(埼玉県、昭和55年 10月設立)を吸収合併し、同社の営業店舗を改装し、埼玉県桶川市にスーパーオートバックス桶川、埼玉県坂戸市にオートバックス坂戸店として営業を継承。
4月
株式会社バッファローに商号変更。
5月
埼玉県さいたま市にオートバックス走り屋天国セコハン市場大宮駅南店を開設。
平成16年 10月
オートバックス254朝霞店(埼玉県朝霞市)を営業譲受により継承。
11月
日本証券業協会に株式を店頭登録。
12月
日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年 3月
東京都北区にスーパーオートバックス環七王子神谷を開設。
平成18年 2月
オートバックス走り屋天国セコハン市場大宮駅南店退店。
4月
埼玉県さいたま市西区にスーパーオートバックス大宮バイパスを開設。
平成22年 2月
オートバックス走り屋天国セコハン市場上尾店退店。
4月
スーパーオートバックス桶川を改装し、オートバックス桶川店として開設。
4月
東京都練馬区にオートバックス練馬店を開設。
平成24年 7月
埼玉県さいたま市岩槻区にオートバックス岩槻加倉店を開設。
平成26年 7月
川口市並木より川口市本町に本店を移転。
平成26年 9月
株式会社サイケイより、オートバックス入間店(埼玉県入間市)、オートバックス川越バイパス(同川越市)及びオートバックス狭山店(同狭山市)を営業譲受により継承。
平成27年 3月
オートバックス川越バイパス退店。
平成28年 6月
監査等委員会設置会社に移行。
11月
埼玉県川越市にオートバックス川越店を開設。

経営理念

  • 皆んなでよくなろう、
    なんでも話し合い、
    裸の付き合いをしよう

    当社では、『皆んなで良くなろう、何でも話し合い、
    裸の付き合いをしよう』という
    「社是」を経営理念として掲げ、日々その努力をしております。

    『皆んなで良くなろう、何でも話し合い、裸の付き合いをしよう』とは?
    「皆んなで良くなる」= 共に成長・発展し、お互いの利益を享受すること
    「何でも話し合い、裸の付き合いをする」= 徹底したコミュニケーションをとること

    こうした経営理念は、企業の成長など、
    時代と共に変化(変貌)していくものと、
    一貫して変わらないものとがあります。
    当社の経営理念の中で一貫して変わらないものは、
    「徹底したコミュニケーション」の重要性であります。

    皆んなでよくなろう、なんでも話し合い、裸の付き合いをしよう イメージ
  • お客様との徹底した
    コミュニケーションの重要性

    当社の基本概念は、CS(Customer Satisfaction)、
    つまり顧客満足です。

    CSの根本は、徹底したお客様との
    コミュニケーション(接客)だと当社は考えています。
    つまり、徹底してお客様とのコミュニケーションをとることによって、
    お客様の求められている真の「欲求」や「ニーズ」を理解し、
    解決のお手伝いをしていくということ。

    それらの貴重なお客様のご意見やご要望を集約・精錬し、
    当社の目指す方向性や戦略が生み出され、形創られていくのです。
    ですから「お客様との日頃からのコミュニケーション」の重要性は、
    いくら強調しても、し過ぎることはありません。

    お客様との徹底したコミュニケーションの重要性 イメージ
  • 社会との徹底した
    コミュニケーション

    現代に生きる企業の「企業価値」は、
    「どれだけ自らの企業内容を適切にディスクローズできるか」という
    「社会とのコミュニケーション」にかかっていると考えており、
    この1点こそが企業として「社会における存在意義を決めるポイント」であると理解しております。

    このように、会社の成長と共に新しく社是が対象とする「皆んな」とは、
    単に「経営者と従業員」に止まらず「株主」、「取引先」、「ユーザー」へと
    その対象を広げながら変化しております。

    その中で「可能な限り適切に企業内容をディスクローズする」
    ことなくして「お互いの利益を享受し発展する」ことはできないという
    「社会との徹底したコミュニケーション」の重要性は、
    社是の中で一貫して変化することない重要な要素であると
    強く認識しております。

    社会との徹底したコミュニケーション イメージ
ページの上部へ戻る